デートパパ

パトロン お金 私は万引きしたりするのが癖になっていました。お金に困っていないし、本当に欲しいわけではありません。ただ、親に私のことをもっと見て欲しかったから。だから万引きして警察に捕まって私の事をもっと構ってもらおうと思いました。しかし、実際は万引きしても、親は万引きした店や、迷惑かけた警察には謝罪するけれど、普通なら私のことを叱る親が当たり前だと思うけれど私の親は叱りません。「お前は、姉と違って手がかかるから、家を出て1人で生活しろ。家賃とか金は出してあげるから。」父親から言われた言葉。母親も私の事には執着がありません。私はこれを機に家を出ました。 親に家賃を払ってもらっているマンション。1人で居るのが寂しく、私はクラブに行くのが多くなりました。すると1人のおじさんに声をかけられました。「デートパパになってあげようか。そしたらお小遣いをあげるよ。」「デートパパか、良いよ。でもHはしないよ。」こうして、クラブでデートパパを見つけました。 最初は暇つぶし。お金にもそこまで興味が無かったから。でも、だんだんおじさんの優しさに触れて私はお金くれる人っという感覚ではなく、父親みたいな気分になっていました。「パパは娘とかいるの。」「娘はいないよ。だからこうやって君みたいな人を見つけていたんだ。君みたいな娘がいたら、デートパパとかしていなかったかも。」「私もパパが本当の親だったらどれだけ嬉しかったかな。でも、今の親のおかげでパパと知り合えたからある意味親に感謝かな。」 愛人募集掲示板 彼氏募集掲示板
題名返信数名前最終投稿日時
<<<1>>>
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 28 ]